活 動 記 録

活動記録

ACTIVITY

三陸なう2018

~ ありのままの三陸を知って欲しいから。 ~

2018年12月15日〜16日の二日間、東京の上野公園にて「三陸なう2018」を開催いたしました。
三陸なうは、2013年から「今の三陸」を伝えることを目的に始まりました。
震災から7年以上が経ち、その課題感を刻一刻と変化しています。

そんな中、私たちToKuは新たしいテーマを掲げて、本年度の「三陸なう」に挑みました。

本年度のコンセプトには、次のような思いがこめられています。

東北地方・太平洋側沿岸部に広がる三陸地方は、
皆さんから見ればきっと「東日本大震災の被災地」でしょう。
当たり前のことですが、三陸にとって「東日本大震災」は、長い歴史の一つの出来事です。

ありのままの三陸を好きになってほしいから。

今回のイベントでは、東日本大震災という出来事を軸にしつつも、
長い歴史そのものを、ありのままの三陸をお届けしたいと思い、
半年間をかけて企画してきました。

当日は天気にも恵まれ、多くの方に三陸の魅力をお伝えすることができました。
また、気仙沼市のキャラクター「ホヤぼーや」と、気仙沼に本社がある
(株)八葉水産のキャラクター「いかおくん」が駆けつけてくれました!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ ToKuとは?


三陸なう運営主体であるToKuは、
「常に地域を考え続ける」をミッションに、
私たちが考えることを通して、地域に新しい
価値提供するべく活動を続けています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 三陸なう2018ダイジェスト


それでは、三陸なうの様子をダイジェストでお伝えします。

↑三陸の美味しいもの、素敵な雑貨を販売いたしました。
東京では滅多に出会えないものもたくさん。

↑三陸と関わりが深いアーティストさんにイベントを盛り上げて頂きました!

↑大船渡のラベンダーを使った香り袋作り体験や
硯などに使われている「雄勝石」を使った工作体験会を開きました!

↑身近なものを使って、避難所で役立つ知恵試し!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 三陸なう報告会


2019年2月9日(土)に、三陸なう2018の報告会を行いました。
その様子は こちら
来年に向けての準備もすでに始まっています。乞うご期待!

▶︎    記事一覧に戻る

続々更新中!

keep updating...

Top